新型コロナウィルスに伴う当店の運営詳細です。

一応に現在は少数ながらもお客さまのご来店やご要望もありますのでHP、BLOGに記載の営業時間はご対応させていただいております。

・・・が、まずは各自の身の安全を考えなければ。。。
正直申し上げますと小生は「靴やかばん修理はこの騒動に落ち着きがみえてからでも構わないのでは?」と思っているのも事実です。

そのような中、どうしても修理が必要との事でしたら、(雨天でなければ)店外敷地内でのご対応も可能。とも考えております。

最後に・・・修理素材(製造素材含む)はイタリアを代表に国外のモノがほとんどなので
騒動が長引けばこの業界もかなり厳しくなってしまうのが現状です。。。(具体的にお伝えするならば、現在VIBRAMの工場は停止中です。。)

今回、まずは色々な意味で【皆さん、生き残りましょう!】とお伝えしたい次第です。

上記、上手にお伝え出来ている事と皆さまの健康をお祈りします。

引き続き、当方で出来る範囲のご対応はさせていただきたく思っておりますので
必要に応じまずはお声かけいただければ幸いです。

東山リペアガーデン

DANNER【ダナー】ライト・マウンテンライトの加工。その前に!!【其の二】

前回の記事【其の一】の続きになります。

メイカー純正ソールであるVibram#148は厚みが約8~9mmのラバー製ソールなので、
素材や厚みだけをを考えればビジネスシューズのカカト部分と同じ消耗頻度と捉えてもよいか~もしれません。

よってカカト部分が減っているだけでのオールソール加工は必要以上にブーツの残留部に負担がかかることや、
費用に関しても【コストパフォーマンスがよくない】という事になるかと思います。

その場合、状態によりますが【減ったカカト部分のみの延命処置加工】や
【街履き専用へ】の割り切りが可能であれば、いっそうのこと異なるソールを施す事も悪くない選択肢かもしれません。。

但し、【其の一】でお伝えした【前期型/後期型】では作業内容が異なるケースもありますので注意が必要になります。

一例に・・・

【LightBlack(ライトブラック)】+【Vibram#4014(黒)】
 

【MountainLight(マウンテンライト)】+【Vibram#2060(黒)】

 

ブーツはどちらも【後期型】。新たに施すソールは【黒】ということで既存MIDソールを残し
アウトソールのみの交換でスムースに上手にまとまりました。

これがソール構成の異なる【前期型】であったり、ご希望のソールが【黒以外】となると
また流れが異なってしまうのも事実です。

※メイカー出荷時のソールがVibram#148の場合、街履きをするとカカト部のみが減る傾向がありますが、
実に本来の仕様であるフィールド使用ではカカト部はあまり減らず、
ソール底面中央の【+】(手裏剣)部分が減る傾向であることも事実です。

次ではあくまで#148での加工を。という流れをご説明したいと思います。

DANNER【ダナー】ライト・マウンテンライトの加工。その前に!!【其の一】

DANNER/【ダナーライト系列ブーツ】や【マウンテンライト】ソール交換の際の参考事項です。

以下の画像をご覧ください。

【左が前期型】【右が後期型】。よく見ると中間部の板モノの構成が異なります。
そして…実は構成の他にも【素材自体も異なります。】

これらの結果…前期型と後期型では履き心地も大きく異なる為、
加工の際には【別物】としてのアプローチが必要との考えで当店は取り組んでおります。

一例ですが・・・大きく分けると、
左の前期型は【クラシック素材(EVA/ラバー)】を用いた結果、【パンパンと固い印象で跳ね上がるような感触】。
右の後期型は【新素材(ウレタン系)】ゆえの【しっとりとした沈み込むような感触】。(二昔前のREDWINGにも採用されていました。)

また後期型でも近年のモノはまた異なるモノであることも確認しております。
(後期型の前期は【繋ぎ材の配合】で劣化(加水分解)しても大きく崩れないのですが、近年のモノは劣化とともに崩れ落ちてしまっている傾向です。。)

特に後期型の場合は現履き心地の継続を重視したいお客様へは中間部を同材料を用いた修理が困難の為、
限界はありますが、状態によっては【なるべ~く、その部分を残す方法】をご提示しております。
(個人差があることは前提ですが・・・私自身が前期型、もしくわ前期型同様素材での修理モノでの履き心地がNGと感じるので。。)

前後期型共に一番下の凹凸型アウトソールの交換のみでの対応の場合は問題がないと思いますが、
中間部の加工も必要となる場合は内容詳細を更に店頭でお伝えしたいと思います。お気軽にご来店ください。

※【後期型の履き心地の大半は中間部が現素材ゆえ】の繁栄事項であるため、
修理同素材を用いる事が出来ないという事情で妥協が必要な場合が多く生じるもの事実です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(木曜日は12:00~/金曜日は~16:30) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】

 

 

 

営業時間変更のお知らせです。

【営業時間変更のお知らせ】

私的には、時代の変化と共に【靴修理】というモノもまた今までとは異なるアプローチでみていく必要がある。と感じ、
考慮させていただいた結果【営業時間の変更】をさせていただきます。

明日11月8日(金)11:00~15:00を皮切りに、以後は下記のタイムテーブルでの営業とさせていただきます。

【営業時間】

日曜日~水曜日 11:00~19:00
木曜日     12:00~19:00
金曜日     11:00~16:30
土曜日     定休日

変更後の営業時間はHP/BLOGの店舗案内へ記載いたしました。
よろしくお願いいたします。

 

2019年8月の営業日程のお知らせ

2019年8月の営業日程のお知らせです。

定休日の土曜日に加え、
2日(金)/13日(火)~15日(木)はお休みをいただきます。
※7日(水)は15:00までの営業になります。

ご来店の際にはHP/BLOG内の営業カレンダーご参照ください。

宜しくお願いいたします。

The WorkBoots!

今回はREDWINGブーツの定番ソール交換です。
(Vibram#4014を用いての進行です。)

こちらのブーツ…元は意外と合わせにくい【緑系】のブーツ。
私、一目惚れしてしました。

 

最近はワークブーツを【装飾品】として扱う方も少なくはない傾向なのかもしれませんが、
こちらのブーツはあくまで履物(ギア)としてガンガン使う!そのような扱いの集大成的なブーツだと思います。

歴史を感じるアッパーの仕草から、ソール交換に関しては【敢えてソールが主張しないように】現状維持の進行を感じ、お伝え。
お客様も強くご同意いただきました。

 
一昔前は【小綺麗なワークブーツは恥ずかしい。】【真っ白のスニーカーなんて恥ずかしい。】という言われ様も少なからずあり、ブロック塀をワザと蹴っ飛ばして傷をつけたり、踏んで汚したり。。とそんな事をされた方もいらっしゃいましたね。。

それはさておき…私、個人的には【靴はど~うしても汚れるモノ】だと思います。
ならばその中でどう靴と付き合うか?

そこに履き手のアプローチ(センス)が必要ではないのかな?と思っています。

今回のブーツ、ご依頼主さまのアプローチにそぐった【履物】という事に加え、
まさにご自身を主張する為の最高の【装飾品】になっているようにも感じました。
私的には、近年稀にみる素敵なワークブーツの中の一足でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(木曜日は12:00~/金曜日は~16:30) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】

 

 

 

リバーウォーカーからリバーグリッパーへ【渓流用フェルトソールへの変更】

今回はDannerブーツの特殊ソール加工になります。

お客様のご希望は・・・現在は履く頻度が落ちてしまったリバーウォーカーをリバーグリップ仕様へ変更。
ご趣味である釣りの道具として再利用したい。との事でした。

肝心の【フェルトソール(ポリプロピレン)】は店頭在庫にないため、今回はお客様のお持ち込みでのご対応。
ご希望の画像奥のブーツのソール寸法、構成を基にした進行になります。

ポリプロピレンにはそれ相当の接着を要す必要があると共に
今回の加工参考にさせていただいたブーツのソール構成(ラバーMIDソールへの縫いかけ仕様)も手伝い上手にまとまったのではないでしょうか?

【Before】

【After】

 

今回の画像はお客様撮影のモノをお借りさせていただきました♪(掲載承諾いただきありがとうございます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(月曜日・木曜日は12:00~) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】

 

 

2019年ゴールデンウィークの営業日程【5月3日(金)5月4日(土)お休みです。】

現在大変多くのご依頼をいただいており
完成をお待たせしておるお客様も多くいらっしゃる最中
恐縮ですが、2019年ゴールデンウィークの営業日程のお知らせになります。
・・・・・・・・・

当店は定休日の土曜日に加え、5月3日(金)お休みいただきます。

・・・・・・・・・

HP・BLOG内の営業カレンダーも加えご参照ください。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(月曜日・木曜日は12:00~) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】

ヴィンテージワークブーツ×Vibram#705

このブーツが醸し出している雰囲気を保ちながら…のお客様とのご相談上の進行です。

 

この時代の(アメリカン)ブーツは当時の生産技術向上からのマスプロ傾向。
【樹脂製のウェルト】での対応もその内一つの特徴だと思います。
そして【ソレ】は時間と共に壊れやすい事も事実だと思います。

…ということで今回はリウェルトを含めたご対応が必要でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(月曜日・木曜日は12:00~) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】