ファスナー【PULL】の作製

今回はクロコBAGのファスナーPULLを作製しました。

ご覧のように【PULL】が取れてしまっています。

この症状でのご相談は数多くあります。
対応方法としましては、スライダー(開閉金具)に損傷がなければ(スライダー損傷時は要交換¥2100~)
それこそ工夫次第、キーホルダーでも装着すれば使用には支障がないと思われます。
また手芸屋さん等で【ファスナー・チャーム】なる物や【既製のPULL】も入手可能です。

今回のお客様は似た感じでのご対応を希望されていた為、ご覧のような物を作製してみました。
他のPULLに酷似させる為、スポンジを挟み込み肉厚感を持たせました。(加え伸び止めの対応もしてあります。)

装着後です。同形、同素材で違和感なく仕上がったと思います。

【PULL作製 ¥1575~】

かばん・バッグのファスナー交換です。

今回はかばん・バックのファスナー交換です。

ご覧のようにファスナーレールのムシが飛んでしまっている為、レールごと交換しました。

ファスナーは症状により開閉金具(スライダー)の交換だけで対応出来る物と
今回のようにレールごと交換する必要がある物がございます。

開閉金具を引いても開閉が出来ない場合はおおよそ金具交換でおさまるケースが多いです。
その場合は【スライダー交換 ¥2100~】

【ファスナーレールごとの交換(スライダー交換含)】は

~20cm ¥5040  ~30cm ¥5670  ~40cm ¥6300   ~50cm ¥6930
~60cm ¥7560  ~70cm ¥8190  ~80cm ¥8820   80cm~ ¥ご相談    

上記が当店の基本価格になります。(仕様により+αの場合も有)

今回のバッグは【43cm ¥6930】になりました。

バッグの錠前金具交換

今回はご覧のバッグの【錠前金具】の交換です。

症状としてはオス金具をメス金具に差し込んでも「パチン!」と止まらなくなってしまった。
という事で金具ごとの交換となりました。

なるべく似たサイズ、雰囲気ならばという事で探してみた結果でお客様にもご納得いただけました。

 

【錠前金具交換 ¥4200~】

トートバッグの持ち手ベルトの作製&交換

今回はご覧のトートバッグの持ち手ベルトの作製&交換になります。

元は赤のクロコ柄(合皮)の物でしたが、使用と共にヤラレが生じてきてしまった為
元ベルトを参考に黒の馬革にて作製&交換となりました。

芯材もしっかりした物を入れ、カシメ金具でアクセントを付けました。

【持ち手ベルト作製&交換(金具使用) ¥8400~】

クロコ柄2WAYバッグのベルト作製

今回は娘さんに譲りたいので・・・というお母さまからのクロコ柄バッグの修理依頼です。

このバッグ、ギボシ(金具)を使用しベルトの長さが調整出来る為
ハンドバッグとショルダーバッグの2WAYにて使用が可能な便利なバッグです。

しかしデメリットとしてギボシの出し入れにてその部分の痛みの進行も伴います。
またバッグ自体もそれなりの時間が経っている為、お持込み時はベルトがボロボロの状態でした。

そこで元のベルトを利用してなるべく近い物を作製してみました。
(奥が元ベルト、手前が今回作製したベルトです。)
芯材も元よりしっかりした物を入れ、縫いかけもしました。

 

本体に取り付け完成です。

クロコ柄の【黒・茶】素材はそれなりの需要と供給がある為、随時ご用意が可能です。

【バッグ持ち手作製(金具付き) ¥8400~】

かばんの持ち手製作です。

今回はご覧の持ち手が切れてきてしまったという事で似た革にて作製する事となりました。

ヤラレのある持ち手を取り外し、それを元になるべく近い物を作製しました。
 

重量OVERや使用頻度によりヤラレてしまうのが持ち手ですが、なるべく繰り返さないよう芯材も強化し作製してみました。

 

【持ち手作製 ¥6300~】

LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 バッグ・ショルダーベルト

今回はルイ・ヴィトンのショルダーベルトの長さ変更です。

仕舞いこんであるバッグのショルダーベルトが長く出来れば活用したい。とのお申し出に対応させていただきました。
今回は【片側】のみを造り直しました。ほとんど使用されていない状態でしたので、日焼けや汚れもなく
風合いの変化も最小限に留める事が可能でした。

具体的な長さをご提示いただければ、限りなく近い長さで対応させていただけると思います。
また似た感じの物になるとの事が前提となります。

【ショルダーベルト作製 ¥6300~】

トートバッグのショルダーベルト(持ち手)作製&交換です。

今回はブランドバッグの持ち手作製&交換です。

お持ち込みになられた状態です。
接着のみで造られた物で、上記のようになっていました。
安易に考えれば、再接着をすれば良い?と思いがちですが、
これがなかなかしっかりと着く事は今までで稀でした。

よってせめて縫いかけをしてあげる事をお薦めしていますが、打ち合わせを詰めていく中で
今回は物自体を作製する運びとなりました。
ご希望の「なるべく違和感が生じないように」との事で着工させていただきました。

完成です。
似た色の革を作製事前にご確認いただき、芯を内に入れ縫い掛けし金具打ち止めにて仕上げさせていただきました。

【持ち手作製&交換 ¥6300~(仕様により変動いたします。)】

トートバックの持ち手交換です。

今回はご覧のようなトートバックの【持ち手】を作製・交換いたしました。

持ち手の片方は切れてしまいもう一方も切れかけていた為、似た感じという事で作製いたしました。

 

【持ち手作製 ¥6300~】