以前にお客様ご希望のVibram#100を用い、当店でオールソール加工させていただいたペコスブーツ。
今回は「加工後のストレスから履かなくなってしまっている。」という相談をいただいてのご対応です。

最初の加工時は積み革ヒールもしっかりとある仕様をご希望。
その上でご希望のソール同品番の#100ヒールキャップを可能な限りバランスをみながら装着したのですが
今回お客様曰く、カカトが高くなった分【前すべり】してしまうというお申し出でした。

実は最初の加工時の打ち合わせ(リスク詳細)にはその事もお伝えしており、
お客様も承知の上で進めた経緯があったので
その改善方法として、今回はお客様ご自身から「カカトを幾分か低くすれば…」という事をお伝えいただきました。

今回も試行になることは避けられませんが、その場で既存の#100ヒールキャップを外し
厚みが#100の半分以下である#1205ヒールキャップを仮組みし、その時点での感触を。

積革ヒールも触らずで進められる為、コストの面でも最小限。
まずの対応として【この方法】での進行が好ましいかな?と言うご提案に同意をいただきました。

 

カカトが低くなった事で本来このブーツがもっているバランスに近づいたと思います。
(私個人的にはコチラのほうが好みです♪)問題解消になれば嬉しい限りですが。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

靴修理・鞄修理店 東山Repair Garden【リペアガーデン】
〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-72
TEL&FAX 052‐753‐7248
営業時間 11:00~19:00(月曜日・木曜日は12:00~) 定休日・・・土曜日
【修理加工お問い合わせ】